カテゴリ:不動産の事例いろいろ( 13 )
マイホーム売買事例②
ご紹介を受けてお預かりすることになった、あるお家。

ご両親と娘さん、かつては娘さんの子供さん達も住まわれていた家ですが、
子供さん(孫)達は全員独立して遠方にお住まい。

高齢のご両親と娘さんの3人ご家族でした。


今回、ご両親が揃って息子さん(娘さんのご兄弟)が住まわれる地域に
お引越されることになりました。そこは日本の南の方。
暖かい地方で余生を送りたいとのこと。

そうなれば娘さんはお1人に。
1人で暮らすには、田園広がる地域の一戸建てはちょっと不安。

それならば、いっそ売ってしまい、
娘さんはもう少し利便性の良い場所で賃貸にでも住もうと、
今回売却をご決断されました。




早々にご両親の引っ越し、娘さんの引っ越しも終わり、
さあ販売開始。



比較的築浅のこの物件ですが、
田園地帯に似つかわしくなく土地がとても狭い。
しかも駐車場が1台。

という理由でお値段はお手頃価格でしたが、
やはり駐車1台がネックになり、
ご案内したお客様方も
あぁ、せめてあと5坪土地が広かったら・・・という方が大半でした。


そんな中、この物件を気に入って下さったS様。
駐車場の件は、S様の考えられた案で、
なんとか工夫して2台停めれそうでした。

ところが・・・
S様、2ヶ月前に転職なさったばかりなのです。


通常、どの金融機関も融資対象の条件として
・勤続年数1年以上
もしくは2年以上のとこもあり、
S様の2ヶ月では土俵に乗れない・・・
他の条件はクリアしているのに・・・



そうか、あれだったから行けるかも!


住宅支援機構のフラット35は、
何度融資概要を読み込んでも勤続年数に関する条件がない!

ただし、中古住宅の場合は
住宅適合証明書という指定の建築士さんのお墨付きを発行してもらう必要あり。
これは、建築基準法にちゃーんと適合している住宅ですよ~と、
既定の通気口の数があるかとか、壁・基礎のクラックとか、
いくつものチェック項目があり、それを全部クリアしなければなりません。


そのハードルは思いのほか高いのです。


このお家。
都市計画区域外の時に建った建物だったので、
本来であれば建築確認を受ける必要も無かったのですが、
ココを建てた工務店さん、ちゃんと図面を揃えて
建築確認に近い、建築通知届っていうものを備えてくれてた!

ありがたい。



都市計画区域外の建物なんて、
建築図面・・・? ありませんよ?
建築通知・・・? なにそれ?
表示登記・・・? 知らんねー。
       でもちゃんと固定資産税払ってるから登記してんじゃない?
ってことザラです。


このお家は、
建築図面も通知も、もちろん表示登記も保存登記もバッチシでした。



祈る気持ちで、建築士さんに適合しているかのチェックと
証明書の発行をお願いし、
無事に適合証明書を受け取ることができました。


そしてS様はフラット35を利用され
無事にこの家を購入して頂くことができました。


中古住宅でフラット35を使ったのは
後にも先にもこの1回だけ。

適合証明書が出せるケースは数少ないと思いますし、
そんな手間と費用をかけずとも、民間の金融機関はサラっと融資してくれます。



今回は色んな好条件が重なったので、
勤務年数が足りないことをカバーできたけども、
物件が築30年位とかだったら、まず適合証明は取れないと思います。


3ヶ月位かかったけど、
無事にお引渡しできて良かった。





そうそう、このお家。
売主さんは、土地がお父さん、建物が娘さんだったため、
いざ決済することになった際、
南国に行かれたお父さんの本人確認&ご署名等の為に
いつもお願いする司法書士さんに南国にひとっ飛びしてもらいました。
(色々あって、引越前に事前確認はしていません)

1泊前乗りのとんぼ返りスケジュール、
2日間とも雨で、南国の青い海は全く見れなかったそうです。
残念。




どの物件にも色んなストーリーがあるけども、
この家も、そういやこんな事もあったな~などと色々思い出し、
S様がいまご家族で住んで頂いている家を遠目に見つつ、
なんだか感慨にふけるのでした。
[PR]
by idearpark | 2012-11-28 14:39 | 不動産の事例いろいろ | Comments(0)
空家にしておくのはもったいない。
「ちょっと見てもらいたかとばってん。
でも、こんか家、誰か借り手あるね~??」
byみやま弁。

標準語にすると
「ちょっと見てもらいたいんだけど。
でも、こんな家、誰か借り手あるかなぁ?」って感じ。


ちょっと見てもらいたかとばってん・・・

から始まった貸物件。
先日無事にご入居頂きました。


最近の事例として・・・

①前述のオーナーさんの物件は、
以前ご自身とご家族が住まれていた広めの1LDK。

3年ほど前?に別の場所にマイホーム新築されて以降、
ずーっと放置されてたそうです。
拝見したところ、間仕切り1ヶ所と分電盤の移動などすれば、
十分貸家でいける!

申込みが入ってもご両親の承諾得られずボツになったりして、
入居決定まで、3・4ヶ月かかったけど、P2台込4.5万円で賃貸できました。


②ご両親がお住まいだった物件を7年ほど放置されてたオーナーさん。
これまた「どうにかなるもんやろか~?」とお話を頂きました。

築50年ほどの物件でしたが、これまでも数度リフォームされており、
十分使える!!
少々痛んでる箇所を手直ししたり、クロスを張替たりしてもらって、
P2台込5.5万円で賃貸中。

この物件は、手直し中にWEB公開して、3組の案内予約が入ったほど。


③ある居住用アパートをお預かりしたオーナーさん。

「実は他にも事務所があるんよねー」
と見せて頂いた物件は、なんと10年近くそのままだとの事。

このご時世、居住用と比べ事務所の需要は多いとは言えないけど、
世間に公開しないことには、入居の可能性もゼロな訳で。
現在当社で募集させて頂いてます。


④他社さんにもご依頼されてたオーナーさん。
遠方に引越されていますが、いつか帰ってくるかもしれない、
その間賃貸したい、との事。

結構田舎だし、土地も建物もかなり広い、
築年は50年位経ってたかな・・・

言い方悪いけど、典型的な田舎のお宅。
おまけにオーナーさんの荷物が結構ある。

しかしこの物件、WEB公開わずか1ヶ月足らずで決まりました。
お家賃は結構安めの4.5万円、P5台以上停まる。
入居者さんとも話し合って、オーナーさんは荷物は片付けない、
その代り、処分するも使用するも人にあげるのも入居者さんのご自由に。

っていう、かなりゆるいルールを作っての賃貸となりました。


驚いたことに、この物件、
お申込み頂いた後も問い合わせがめっちゃ多かった!


田舎だし、オーナーさんの荷物もあるし・・・
少々時間かかるかも・・・
っていう私の固定概念は見事に打ち砕かれました。




古い(朽ちてるのは除く)、
田舎、
土地がやたら広い(→入居者さんの管理が大変そう)

でも、全然大丈夫みたいです。



ちなみに上記4件、全部みやま市内の物件です。



最近は、「田舎で自然の多い、環境の良い貸家ありませんか?」
という県外からのお客様のお問合せが増えました。

みやま市=環境良し。
って思われてるのかな。
確かに環境は良いし、住みやすいです。



もし、
「空家にしたままにしている家があるなー」
という方がいらっしゃいましたら、
多分どうにかできると思いますので、
まずはお問い合わせ下さい。

貸家は築年問わず、
住宅の買取りは、だいたいS45年以降の物件だったら
買取れると思います。


お問い合わせは TEL0944-22-2371
もしくはinfo@idearpark.co.jp 中尾まで。
[PR]
by idearpark | 2012-11-06 16:59 | 不動産の事例いろいろ | Comments(0)
高齢女性のお引越(中古住宅売買)
お久しぶりの不動産事例です。

今日は、少し前に中古住宅を売らせて頂いた売主さんのお話を。


70代後半のC様。
車が無いと不便な地域で、おひとり暮らし。
身近な方が、ご兄弟やご親戚だけでしたので、
生活するのに少々不安がつきまとうようになったとのこと。

2つほど離れた市のご実家周辺に住みたいと、
ご自宅のご売却をご依頼頂きました。

 
居住されながらの売買。
買い手が決まったらお引越します、というパターンです。



売買については、販売開始から3ヶ月位で買主さんが見つかりました。
居住中の販売はけっこう時間がかかることが多いのですが。
まあまあ早かった方かな・・・



さあ。売主さんのお引越。

賃貸物件を探します。



ところが。

探せど探せど、無い!見つからない。

理由は高齢女性の一人暮らし、だから。
子供さんが契約者で、お住まいがお母さん、
っていう場合はグンと敷居も低くなるけど、身内はご親戚だけ。

それでもいいよ!っていう物件は、今度は売主さんがお気に召さない。

困ったぞー。


「老人ホームでも入るよ」って売主さんは言われるけど空きなんてない。
「市住は・・・?」 コレも無理。
現時点で立派な家があるし、
ご本人は至って健康で介護保険ももちろん受給してない。


売主さんも、高齢単身者への世の中の賃貸事情にショックを受けられ、
睡眠不足になられる・・・


どうすんだー。


途方に暮れかけましたが、1軒だけ高齢OK、ご本人もOK、
ご実家にもまあまあ近いという物件がやーっと見つかり、
無事にそこで契約できました。
探し始めて2週間位かかりました。



よし。準備は万端。
次の工程は、建物の登記と土地の地目変更。

以前田んぼだったこの土地は、
転用していいよ、って許可は貰って造成してるんだけど
登記は田のまんま。
地目を田→宅地に変えなきゃなんない。

それと建物の表示・保存登記。
現金で建てられたこの家は、建てて以降、何の登記もなされていなかった。
不動産用語で言うと、未登記物件。
ココにこんな建物あるよ! っていう表示登記と
私のものだよ! っていう保存登記 を行います。
ローンを使われる場合は、担保設定しなきゃならないから、
登記は絶対しなきゃだし、
担保は関係なくても、表示登記は義務なんですけどね。
(保存登記は任意です)


余談ですけど、登記されてなくても固定資産税はかかりますよ。
登記は国、固定資産税は市町村の管轄。
建てたり増築したりすると、ちゃーんとちゃっかり課税されます。



登記が全部終わるのに2週間ほど。


その間に、売主さんは驚くほどのスピードで引越手配され、
早々に引越して行かれました。


その後無事に代金決済・お引渡しができ、
今は買主さんが大事に住んでいらっしゃいます。



すごくパワフルな売主さんで、少々びっくりすることもあったけど、
どうにかお手伝いができて良かったです。
賃貸物件が決まった時は、本当にホッとしました。

一番苦戦するのが、引っ越し先探しだとは想像してなかったなー。




たまにお電話でお話するけれど、
いつまでもパワフルでお喋りなC様でいてほしいです^^
[PR]
by idearpark | 2012-06-27 13:43 | 不動産の事例いろいろ | Comments(0)
マイホーム売却事例①
遠方の娘さんの傍で暮らすことになられたB様。
お引っ越しまであと3ヶ月ほど、という頃に当社に販売をご依頼頂きました。


査定させて頂いた価格は1,250万円程度。
でも、B様のご希望もあり1,500万円程度で販売を開始しました。

居住しながらの販売となりましたが、
B様のお宅はいつも綺麗に片付いているし、
ご在宅されている事も多く、
インターネットで反響のあった数組のお客様をご案内致しました。

皆さん「いいね」と言われるけど、なかなか決定打にならない。
お一組は、銀行に打診しようかという所まで話が進みましたが、
ご親戚?だったかの反対もあり、先に進まず。


道がね、一部ちょっと狭いんです。
皆さんのネックは、道でした。



そんなこんなしているうちに、B様のお引越の時期になってしまいました。
媒介契約期間も延長して頂き、(基本的には有効期限3ヶ月)
引き続き販売させて頂きました。


お値段は少々(50万円ほど)下げさせて頂きました。
空家になったし、オープンハウスも開催。
チラシも2万枚位新聞折り込みしました。
気に入られたお客様がいらっしゃったけど、融資がダメ。



そして1ヶ月ほど経ち、
思い切ってもう少し下げましょうと、再度の値下げをしました。


そして、インターネットをご覧いただいてお問合せを頂いた、
現在の買主さんがご購入して下さいました。
価格は、最初に当社が査定した額くらいで成約となりました。

その後買主さんもご自身でリフォームなさったりして、
大事に使って下さっているようです^^


このケースのように、査定させて頂いても、
オーナーさんのご希望価格から少しずつ値下げしていくケースもあります。
もちろんご希望額で成約できるケースもあるでしょうし、
今回のように、結果的には査定額位で成約となるケースもある。

ゆっくりでも良いから、希望額で売りたい、
少々安くても早く売りたい、いろんなケースがありますよね。


当社もプロとして、価格や売り方のご提案は致しますが、
最終的に決められるのはオーナーさんです。
お話合いして、ご意向を伺って、より良い方法を取っていきたいですね。

売買も賃貸もそうですけど、
「不動産屋に任せてるから」 ではなく、売るも貸すも、
オーナーと不動産会社との二人三脚ですから。


良い関係が築いていけるよう、私たちも頑張ります。
マイホームの売却事例でした♪
[PR]
by idearpark | 2012-03-19 12:36 | 不動産の事例いろいろ | Comments(0)
売地で販売→借地で成約となった事例
土地をご所有のA様。
その土地は今のご自宅から車で1時間ほどの場所にありました。

おおよその流れとしては
①ご両親が亡くなり、家が残った。
 ↓
②家も古かった為解体して更地に。
 ↓
③当社に販売をご依頼頂く。調査し接道していないことが判明。
 ↓
④道部分を購入。
 ↓
⑤販売開始。半年ほど売れない。途中1度草刈作業をする(当社請負)
 ↓
⑥隣接する企業さんが駐車場として一括賃貸する話が持ち上がる。
 ↓
⑦A様承諾頂き、無事に賃貸契約締結。現在も賃貸中。

という流れです。
③の時点でお目にかかってから、⑦まで足掛け1年半ほどだったでしょうか。

④の道部分を購入でずいぶん時間が掛かってしまいました。
道部分を所有していたのはある大きな会社B社さん。
実はお隣さんも道がなかったので、A様とお二人で購入して欲しいとのことでした。しかしお隣さんと連絡がつかない。所有者さんは施設に入院中で意思表示ができる状態ではなく、子供さんも入院したり体調が悪いようで、連絡がつかない。数ケ月後とうとうB社さん側が折れてくださって、A様単独でA様が必要な分だけの幅員を購入することができました。

これに手間取ったりしている内に、夏を迎えた敷地は草が伸び放題に。あれよあれよという間に1Mクラスの草が生い茂りました。当社で除草作業をお引受けして、草刈り機2台で1日かけて草刈しました。

⑤販売活動については、価格を相場より少々低めに設定していた為お問合せが多かったものの、道が少々狭いことと、例のお隣さん宅が藪のような状態になっており、景観も悪く、なかなか良いお話に進まずにいました。

⑥⑦そんな時、反対側に接する企業さんが駐車場として賃貸することを検討して下さる話が持ち上がり、A様も堅実な企業さんなので賃貸でもOKとのお返事、トントントンとお話がまとまりました。隔てていたブロック塀を撤去し、企業さんの敷地と地続きで現在も駐車場として賃貸して頂いてます。管理は当社でさせて頂いてます。
一括賃貸なので除草等の維持管理は企業さん側がやって下さる契約の為、A様がまた除草に頭を悩ませることもありません。企業さんにとって、この土地はすごく役に立っていると私も思うし、これが本当に土地が活かされている、ということだと思えます。





実は、ご成約後半年くらい経ったころでしょうか。
A様はお亡くなりになりました。
奥様から伺って、ものすごく驚きました。
確かに高齢者と言われる年齢になっていらっしゃいましたが、
車も運転されるし、パソコンもなさるし、実年齢を全く感じさせない方でした。
いつも穏やかで、優しい笑顔をなさる、凛とした空気を持った方でした。
なんの前兆もなく、突然倒れられて、そのまま意識が戻られなかったそうです。

ただただビックリするばかりでしたが、
少し時間をおいて思えば、お亡くなりになる前に、土地の件をしっかり整理されて、奥様が引き受けても苦労されることない形になさって、そして亡くなったんだなぁと思いました。
今は奥様が所有されていますが、当社が毎月送金するお家賃の入金確認をして頂くこと、確定申告をして頂くこと、固定資産税をお支払い頂くこと、それ以外は特に手を煩わせることがない状態になっています。そして借りてらっしゃる企業さんは、移転でもされない限りはきっと永く賃貸して下さる企業さんです。
先述しましたように、除草は企業さん側がやって下さいますので、もう草取りに悩むこともありません。
お家賃はお小遣い程度の金額かもしれませんが、毎月毎月確実に送金されてくる、そして維持管理に手を煩わすこともない。
それはA様が奥様に残された贈り物です。


そう思えば、A様すごいなー、奥様のこと本当に大事にされているなと、
いつも奥様とお二人で行動されていて、
お二人で穏やかに微笑んでいらした姿が目に浮かびます。



事例を少しずつ書いていこうと思った時、
まず一番最初にA様のお顔が浮かびました。


偶然、と言われればそれまでですが、
私はA様から奥様への贈り物だと信じています。
[PR]
by idearpark | 2012-02-17 12:36 | 不動産の事例いろいろ | Comments(0)
新しいカテゴリを作りました♪
「不動産の事例いろいろ」 というカテゴリーを追加しました。


これまでは、不動産関係の話は
不動産にまつわるおはなし」というカテゴリーを作っていたのですが、
不動産の話が色々とごちゃっとしていたので
事例だけピックアップすることにしました。


事例いろいろ の中では、タイトルのごとく
実際に当社で売買・賃貸させて頂いたお客様や、
査定させて頂いた結果、現状維持を選ばれたお客様、
いろんなお手伝いを差し上げた(コンサル業的な)お客様、
などなどの実際のお話を書いていこうと思います。
もちろんお名前や価格は出せませんけどね。


不動産にご興味のない方でも、
ココでチラッとご覧頂くことで、将来的に、ご自身ではなくても
お友達なんかの為に「そーいやブログで読んだな・・・」などと
アドバイスできることなんかあるかも。。。


不動産って、もしかしたら一生関わること無い方もいらっしゃいます。
でも、
知らんよりチラッと知ってた方が、ね。
なんかの役に立つかもしれません。


・・・というわけで、少しでもご参考になるようなお話を
書いていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

















で。
今日のおやつー。
高田町の「あずまやさん」のショートケーキ。
跡継ぎ息子さんが帰ってこられて、今度若大将にも加入されました。

ひとり2個もあるヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!
f0133916_1671089.jpg


Mねえちゃん、ありがと~♡
[PR]
by idearpark | 2012-02-16 16:07 | 不動産の事例いろいろ | Comments(0)
続:住替えと高齢者と世代交代のはなし
先日の、売買売主さんが賃貸物件を借りたい、という話。

結果どうなったかというと、
ダメになりました。

1件目に申込みした物件は、一人暮らしだからダメ。

数日後見に行った別の物件は、
保証会社の審査を通さないとダメ。

高齢者で保証会社OKの可能性はとても低い。


当社が賃貸物件を持っているエリアじゃないので、
他社さんの物件をご紹介させてもらうしか手段がなく、
私の力じゃどうにもなんない。



結果、途中であきらめられました。
ご兄弟の所有されている家にお引っ越しされることで落ち着きそうです。
以前から、おいでと言って下さっていたそうですが、
あまり迷惑かけたくないと拒んでいらっしゃったんですけどね。
好意を受けられることになりそうです。



当社は、賃貸物件取扱い件数が他社さんに比べて少ないと思うので、
こういった高齢者の方の問題にはあまり接したことがありませんでした。
店舗営業型ではないから、フラリとお客様がいらっしゃることはないし、
WEBでの募集がメインだから、高齢者の方がWEBをご覧になる
ケースは少ない。


確かに、高齢者の独り暮らし、身寄りもほとんどないとしたら・・・
病気になられたら?
万が一のことがあったら?
・・・心配することは盛りだくさんです。
仮に私たち業者が、どんなに背中をおたとしても、最終的な責任は負えないし、
最終的な負担は大家さんにかかってくる。



でも、今後はきっと高齢者一人暮らしって増えてくる。

貸せる物件は少ない。

子供さんがいらっしゃる方は、まだ貸す方も安心かもしれませんけどね。


なんだかねー、無力だねー とも思うし、
大家さんの立場も分かるし、
モヤモヤ、やるせない感じです。



********************************
当社HP  PCの方はこちら →→→ イディアパークHP
物件画像が最大14枚ご覧頂けます♪
携帯サイト
こちらは賃貸物件情報だけですが、PCサイトと同じく、物件写真を最大14枚ご覧頂くことができます^^

 ↓↓ QRコードを読み取ってください ↓↓
f0133916_11122784.jpg

携帯でご覧の方は、こちらより→ イディアパーク携帯サイト
ぜひぜひ☆チェックしてみて下さい♪♪♪ 
[PR]
by idearpark | 2011-10-14 12:45 | 不動産の事例いろいろ | Comments(0)
住み替えと高齢者と世代交代のはなし。
今日は久々に賃貸のご案内をしました。
売買の売主さんなんですけどね。

今の家を売却されて、
ご実家近くの、コンパクトな家に住みたいと。

もうぐく80歳なんですけど、
これまた、車は運転されるわ、背筋ピーンだわ、
耳も遠くないし、全くもって高齢者に見えません。

持たれてるバッグとか、
私が見てもかわい~と思えたりするし。


まあ、パワフルな女性です。


2時間の車中、お客様喋りっぱなし。
わたし、笑いっぱなし。


結局最初見た物件が良いと、
2軒目は外観見ただけで終了。
お申込みをしてきました。



ただ、こういう世間一般で言う高齢者の方は、
なかなか賃貸を借りるのが難しいのが現状です。

今までは体力もあったから、
一軒家で、広い家で、敷地も広くてよかったけども
家は広すぎるようになって、敷地の草取りも厳しくなって、
もっと便利な場所でコンパクトに暮らしたい、
というのが売却理由なんだけど。


そして、今度そこを購入されるのが、
若いご夫婦&小さな子供さんがいらっしゃるご家庭。


めっちゃ理想的な住み替え。
理想的な、物件の世代交代だと思う。


これからはこういったケースも増えてくるはずなんですけどね。




入居審査がスムーズにいってくれることを願うと共に、
不動産業界でも、今以上に向き合っていかなきゃいけないことだなーと
痛感した今日の出来事でした。





********************************
当社HP  PCの方はこちら →→→ イディアパークHP
物件画像が最大14枚ご覧頂けます♪
携帯サイト
こちらは賃貸物件情報だけですが、PCサイトと同じく、物件写真を最大14枚ご覧頂くことができます^^

 ↓↓ QRコードを読み取ってください ↓↓
f0133916_11122784.jpg

携帯でご覧の方は、こちらより→ イディアパーク携帯サイト
ぜひぜひ☆チェックしてみて下さい♪♪♪ 
[PR]
by idearpark | 2011-10-08 17:30 | 不動産の事例いろいろ | Comments(0)
農地転用
先日、父の知り合いの方が我が家に相談に見えました。
自分の畑を造成して、そこに家を新築されるそう。

「畑を宅地にする登記費用が50万円位必要って言われたんですけど、
こんなに高いものなのでしょうか?」

とのこと。

「いえいえ!!! そんな高くないですよ!

聞いた相手は司法書士免許と行政書士免許を持った方らしい。


で、結局どうしたかというと、
私も知っていて、その方も以前測量をしてもらったことがあるという、
土地家屋調査士(行政書士免許も有)の先生にお願いして、

おおよその見積額、
なんと約9~10万円でした。
農地転用手続きと、地目変更登記、正式にご依頼されるようです。



その先生がおっしゃった金額は、多分
農地転用→家を建ててBKの担保にする登記など、ぜーんぶひっくるめて、
という意味でおっしゃったのかもしれませんけどね。
ご本人にちゃんと伝わってなかったのか・・・? 真相は不明です。 



農地に家を建てる、というこの方のような場合、以下の手続きが必要です。
※農地は「土地改良区」や「農業振興地域」、「基盤整備」などと呼ばれる
将来的な農地利用を前提として整備された田畑は、
基本的に宅地等に転用できません。

( )は委任する先
■土地■
①農業委員会に農地転用許可申請(行政書士)
 ↓
②許可
 ↓
③地目変更登記(土地家屋調査士)  ・・・畑→宅地などに登記を変更する

■建物■
①表示登記(土地家屋調査士) ・・・どこに、どんな種類の、○階建の
                       広さは○㎡の建物が建ちましたという登記
 ↓
②保存登記(司法書士)  ・・・①の所有者は□□さんですよ、という登記
 ↓
③設定登記(司法書士)  ・・・住宅ローン利用の場合。担保を設定する登記


色んな方が登場しますね。これだけで3人の先生がいらっしゃいます。
日頃あまり関りのない職業の方が多いでしょうから、
訳わかんなくなりますよね。


でも、実際にこれに掛かる費用というのは、
ご本人がお支払いになる訳ですから、こういう場面になったら
住宅メーカーさん・建築会社さん・不動産会社などなど、
聞ける人にしっかり聞いて理解された方が良いです。


最近、少しずつですが新築中の家をチラホラ見かけます。。
このまま、景気が上向きになって欲しいですね。




        ☆不動産情報満載☆ [有限会社イディアパーク]

[PR]
by idearpark | 2010-08-30 14:40 | 不動産の事例いろいろ | Comments(4)
関東より・・・
お客様が来てくださいました。

・・・WEBで♪


柳川にご所有の不動産のご売却にあたり、現在お住まいの関東で
不動産会社選びをなさって、柳川市内40数社の中で当社を選んで
頂きました^^

最初はこのフォームでご連絡を頂き→査定依頼フォーム
査定書をお送りしたり、その他のご連絡は全てメールでやり取り。
レスも早いし、決断も早くしてくださるお客様なので、メールとはいえ、
進捗がものすごく早かったです。


先週無事に売買契約も完了し、関東からお越し頂いたので
初めてお客様にお会いする事ができました♪
でも、不思議なもので、お顔を拝見するのは初めてなのですが、
それまでの間、何十回とやり取りをしているので、
初めてお会いした気がしませんでした(私だけかなー)。


関東お住まいでありながら、当社を見つけて下さって、
さらに売買契約まで無事完了、という確率ってすごーく低いのでは
ないでしょうか。 嬉しいですよね~^^
一期一会に大感謝です。


ただ、今回のお客様のように、もう地元には戻る予定がないので
売却します、という方は、地方ではこれから増える一方ではないでしょうか。
私達不動産会社も、もっと広く、あらゆる面でサポートできるような体制を
取っていかなければ、という大きな気付きにもなりました。



********************************
当社HP  PCの方はこちら →→→ イディアパークHP
物件画像が最大14枚ご覧頂けます♪
携帯サイト
こちらは賃貸物件情報だけですが、PCサイトと同じく、物件写真を最大14枚ご覧頂くことができます^^

 ↓↓ QRコードを読み取ってください ↓↓
f0133916_11122784.jpg

携帯でご覧の方は、こちらより→ イディアパーク携帯サイト
ぜひぜひ☆チェックしてみて下さい♪♪♪
[PR]
by idearpark | 2009-12-14 17:58 | 不動産の事例いろいろ | Comments(6)



福岡県みやま市にある不動産会社イディアパーク 女社長のブログです。 2015年会社の隣に植物のお店DOUBLEをOPENしました。 中尾幸代
by 中尾幸代
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
会社情報
★ホームページ★
有限会社 イディアパーク
中古住宅・居住用の賃貸など、住まい物件が得意な不動産会社です。

★住所★
福岡県みやま市高田町濃施359-2
★TEL 0944-22-2371
★FAX 0944-22-2381
★MAIL info@idearpark.co.jp
カテゴリ
最新の記事
寝顔は天使
at 2017-08-22 17:27
ARG第11弾お引渡しとAR..
at 2017-08-17 11:38
波佐見陶器市2017レポ④
at 2017-08-03 15:51
3rd SUMMER MAR..
at 2017-06-12 15:48
ARG第11弾。販売終了のお..
at 2017-06-06 14:58
以前の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism